賃貸オフィスや貸し会議室を利用しよう│ビル管理も大切

男性と女性

会社に合ったメンテナンス

建物

経営する企業のビル管理を管理会社に依頼しようと考えている方は、どのような管理会社があるのかを確認することが大切です。ビル管理の仕事は主に、ビルの掃除やメンテナンス、設備の整備や調整、ビルの警備といったものです。そのどれか一つでいいのか、それとも全てやって欲しいのかによって、依頼する管理会社は変わってきます。たとえば、学生のように自分たちである程度は掃除をする会社があります。掃除は仕事時間を削るから無駄と考えている会社がある一方、掃除することによって団結力を高める会社もあります。それぞれの経営の仕方なので良し悪しはありません。しかし、自分たちで掃除をするのにビル管理会社にも掃除を任せたら二度手間です。時間もお金ももったいないといえます。そのため、管理会社には専門性が発揮される窓掃除のみを依頼するといったように、頼み方を工夫することが大切になります。また、ビルの警備一つでも違いがあります。最も安全といえるのが常駐警備です。管理会社から派遣された警備員が、常にオフィス内に入る人をチェックし、緊急時にはすぐに駆けつけてくれます。特に夜間の警備員は大切です。社員は退勤するときに、わざわざ大事なデータや会社のお金を持って、自宅と往復するわけにはいきません。その大多数は会社の置きっぱなしになります。しかし、それでは不安なので、警備員が常駐し、怪しい動きがあればすぐに対応できるようにしておきます。常駐警備は料金が高くなることが多いので、節約したい会社は巡回警備や機械警備などを選ぶことができます。これらは常駐警備と比較すると防犯性に欠けるかもしれません。しかし、何か起こっても防犯カメラなどが設置されているので、警察と連携してトラブルに対処することができます。会社によって必要なビル管理とそれに使用できる費用は違っているので、自分の会社に合った管理を依頼することが大切です。